こんにちは!イラストレーター/a season lover の eto(エト)です。
少し、私が活動している原点やこれからのこと、お話しします。

私は、日本の四季をこよなく愛し、身近な草花や生き物から自然を感じるのが大好きです。
それは、栃木県の大田原市で生まれ育ったからかもしれません。
家の周りは田んぼばかりで、日々土手を散歩しては、いろんな生き物を観察していました。
庭の木や花が季節とともに移り変わっていくのを眺めるのも大好きでした。

小さい頃、11歳年上の姉が描いてくれた絵があまりにも下手くそ(失礼!)だったので
「私の方がうんとうまく描けるじゃん!」
と思ったのが、絵を描こうかなという始まりかもしれません。
小学校の頃は、図工の時間が一番大好きで、本当に楽しかったです。
堂々と好きな絵や工作に2時間も(当時は図工は特別で2時間続いた枠だった)集中できるのが最高でした。
絵を描くことだけは、すごく仲の悪い友達とさえも!コミュニケーションの道具となってくれたので、
絵は通じるんだな、心が。と感動したのを覚えています。

家族の誕生日には特別なカードを描きました。
色や小鳥や花、ケーキなど自分なりに完璧なバランスを求めて試行錯誤していました。

多分それは大人になった今もあまり変わっていません。
自分の作った色と形がだれかの心をちょっぴりでも明るくできれば。
毎日の暮らしで明るい方へ向かう、小さなきっかけとなってくれるなら、こんなに嬉しいことはありません。

まずは、自分自身=女性が喜べるもの・コトを作る。
女性が笑顔になれば、自然に周りの男性や子供たち、たくさんの人が嬉しくなるものです。
そうやって少しずつ、明るい輪っか、まあるい光を広げていきたい。
改めて感じています。

2018年の7月15日で独立して12年を迎えます。
そろそろ作風を変えていきたい気持ちが高まってきました。
2018年の11月上旬に久しぶりの個展を予定していますし、
その支度とともにPortfolioに少しずつupしていきますので
楽しみにお待ちくださいね。


2018. 6.21 夏至の日に
Back to Top